HOME>基本理念

株式会社 イケダ
千葉県館山市笠名1293番地1
TEL 0470-22-6689(代表)
FAX 0470-22-1324

アクセスマップ

JAB JIC QUALITY ASSURANCE
MGMT.SYS.RvA C086

基本理念

基本理念

環境・目的・目標

環境・目的・目標

各部門のスローガン

各部門のスローガン

環境への取組み

・ISO14001認証取得

登録者の名称および所在地 株式会社 イケダ
代表者氏名 代表取締役 池田 太一
摘要規格 ISO14001:2004/JIS Q14001:2004
登録番号 E1254

登録日

2006年3月23日

有効期限 2017年12月17日
審査登録機関 日本検査キューエイ株式会社
活動、製品またはサービスの範囲



産業廃棄物及び一般廃棄物の収集運搬、
産業廃棄物の中間処理(破砕、圧縮)、
使用済み自動車リサイクル(解体、圧縮)、
家屋解体に係る事業活動

環 境 方 針


株式会社 イケダは、房総半島を中心に、スクラップ業、解体業、一般廃棄物・産業廃棄物・特別管理産業廃棄物の収集運搬、並びに産業廃棄物の中間処理を行っており、この事業活動において「地域との共生」を図るとともに「快適な環境づくり」を目指して、環境管理の国際規格である環境マネジメントシステムを構築し、その実践のため以下に示す環境保全活動に取り組みます。

  1. 事業活動において、環境負荷の低減・削減のため省資源、省エネルギー、
    廃棄物量の減容化及び廃棄物の再資源化を推進し、汚染の予防に努める。
  2. 環境関連法令、条例、諸規則及びその他の要求事項を順守する。
  3. 作業中の事故や車両事故の防止等の労働安全に努める。
  4. 環境マネジメントを推進するための体制を整備するとともに、
    環境への意識高揚を図るため全従業員に環境教育を行う。
  5. 環境目的及び目標を策定し、実行し、見直しを行いシステムの継続的改善を図る。
  6. 環境方針は、外部からの要請に応じて公表する。

環境に配慮した活動の体制

ISO組織図

その他の配慮した取り組み


○ISO制定・改定時教育 毎年4月に実施
○定期フォロー、法規制教育  毎年8月、又は法改定時
○特定業務手順、安全衛生の教育訓練  随時(年1回)

無事故の達成をする為、気づいた事、起こってしまった事を報告記録し、対策をしています。
(情報カード、事故報告書、是正処置、実施計画書)

作業場、解体現場での近隣対策(騒音、振動、低減)の為、手順書を作成し、手順に沿った作業を実施しています。
(場内作業手順書、家屋解体手順書)

環境への配慮として、電気使用量の低減をめざし、使用量を記録しています。
(実施計画書)

  平成23年度
(4月~3月)
平成24年度
(4月~3月)
平成25年度
(4月~3月)
平成26年度
(4月~3月)
平成27年度
(4月~3月)
平成28年度
(4月~11月)
使用量(予定)
41,329kw
34,755kw
39,312kw
38,919kw
37,448kw
25,084kw
使用量(実績)
34,755kw
39,312kw
38,244kw
37,826kw
34,469kw
23,604kw
目標達成
118.9%
88.4%
102.8%
102.9%
108.6%
106.2%
車両の点検整備を実施し、記録しています。
(5t、25tラフター、ギロチン、プレス、自動車解体機の月次点検記録)